洞窟のおもちゃ箱

政治、外交、食事、スポーツ、芸能、音楽、旅行、他、日常のいろんなことを書いていきます。

人間の悩みは、実は4種類しかない。

 恋愛、学校、職場、お金、家庭、友人、健康、親子、将来。人間の悩みは尽きません。ご存知のように、仏教では、煩悩は108あるといいます。

 でも、実際は、あなたの、そして人間の悩みは、大別すると、4種類しかありません。

人の悩みはたくさんあるように見えて、実は4種類だけ 

f:id:ColdSnap:20180804140014j:plain

 

 人の悩みはたくさんあります。しかも、置かれている状況、周りの人々、性格、能力、年齢や性別、時代、運、いろいろなものに影響を受けています。しかし、分類すると、大きくは次の4種類になります。

 

  • 人間関係の悩み
  • 金銭や豊かさ全般の悩み
  • 健康(メンタル含む)の悩み

 

例えば、一口に仕事の悩みといっても、

  • 上司とうまくいかない → 人間関係の悩み
  • 給料が安い → お金・財産の悩み
  • 仕事がきつくて疲れがとれない → 健康の悩み
  • これは自分がやりたい仕事じゃない → 

という風に、結局は4つの分類のどれかに落ちます。

 

実は4種類の悩みは対処方法がそれぞれ決まっている

 

 このように人間の悩みは実は4種類しかありません。そして、この4種類は、それぞれ、対処可能な範囲がおおまかには決まっています。

 

 

1.人間関係の悩みの対処方法

 

 恋人・友人・息子・先生・上司・部下・娘・孫・夫・嫁・舅・姑・お客様・ご近所づきあいと、人間関係の悩みは不変です。しかし、結局、他人は変えられません。変えられるのは自分の言動だけ。自分の接し方、自分の言動、自分のとらえ方、誰かに相談したり第三者を挟む、何らかの形で距離をとるようにするといったように、自分の言動だけです。

 

 

2.金銭や豊かさ全般の悩み

 

 お金や財産といった経済的な悩みも深刻です。しかし、お金の問題は、結局は、「入りと出」の問題になります。何らかの形で収入を増やすか支出を減らす、そのどっちもやる、といったようにコントロールしてゆくしかありません。

 ただし、おカネ・財産に関しては、経済的な問題というより、人間関係など他の問題としてとらえた方がいいものが含まれる場合があります。相続をめぐっての争いなどは、純粋に経済的な問題というよりは、人間関係の問題とした方がいいケースがあります。また、おカネは生きる手段であり、夢を実現する手段でもあり、病気になったら治療のために医療費が必要となるということから、健康や夢とも関連します。ご先祖様から受け継いだ財産をどうするかということも、実際は単純におカネや財産の問題とは言えない場合があります。したがって、おカネや財産や豊かさの問題を考えるときには、「それは本当におカネだけの問題なのか?」ということも考えてみることが重要です。

 

 

3.健康(メンタル含む)の悩み

 

 健康の問題もまた、取れる対応策は限られます。人は必ず衰え、何らかの原因によっていずれは死ぬ、という事実は確定してしまっています。なので、この問題に対して人が取れる具体的な対応策は2つしかありません。

  • 医療的な手当て
  • 健全な食生活や運動といった日々の生活習慣上の努力

 そう考えると、食生活を含めた生活習慣は結構重要です。毎日適度に運動して、食事や飲み物や栄養バランスに気を付け、規則正しい生活を送ったところで、病気にならないという保証はありませんが、成人病のリスクは下げられますし、やらないようりはたいていマシです。また、いずれにせよ、この2つを頼りにするしかありません。

 

 

4.夢の悩み

 

 夢といっても大げさに考える必要はありません。5歳の子供でも、90歳のお年寄りでも、人間は夢を持っているものです。人間は高度な知能を持った生き物であり、プライドも想像力もあります。その脳は、何も夢を持たずにいることは難しいです。

 夢に関する悩みは広く漠然としていますが、ひとつの答えは、自分の背中を軽くポンと押してみることです。いきなり大きなリスクを負うのではなく、ちょっとしたお試しでもいいから、行動してみる、一歩を踏み出してみることで、具体的なフィードバックが得られるようになり、そこからわかることや気づくこと、どうすればいいかということがいろいろ見えてくるものです。

 

 

最後に

 

 人間の悩みが実は4種類しかない、というのは、私が勝手に考えたことではありません。以前読んだ「占い師はなぜ当たるのか?」という本に紹介されていたことです。

 この本自体は、全体的には「コールドリーディング」という心理学的なテクニックについて解説した本ですが、人間の悩みというのはしょせん4種類しかないのであり、それに対する対処方法も大きくは限られてしまっているのであり、よく当たる占い師や信用される占い師は最初からそれがわかっているので、真剣に相手の話を聞きながらこのケースはどういう答えがベストなのかを見極めた上で、心理的なテクニックを駆使して回答するから、よく当たるように思われるのだ、というようなことも書かれていました。

 それから何度も、自分の悩みや人の悩みについて考える機会があったのですが、人間の悩みは結局は4種類に帰結するということについては、やっぱりそうだな、と思うことが今まで何度もあったので、今回、自分流の解釈に直してBlogに軽くまとめを書かせていただきました。

 このようなことは主観や信条や感情も絡むことなので明確に白黒つけられることではなく、何らかの形でその人に役に立つなら結局それでOKであり、そう思う人も思わない人もいるでしょうが、何かの参考になれば幸いです。