洞窟のおもちゃ箱

IT、食事、スポーツ、芸能、音楽、旅行、他、日常のいろんなことを書いていきます。

CVID不明確。バカで間抜けなアメリカのトランプ大統領、北朝鮮の金正恩と具体的な中身に欠ける米朝非核化合意

6月12日、シンガポールアメリカのトランプ大統領北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が会談し、両者は合意文書に署名しました。今回の会談は歴史的なものであり、世界の注目を集め、大きく報道されました。しかし、その合意文章は、本当に歓迎すべき内容なのでしょうか。

 

 

焦点だったCVID(Complete:完全な,  Verifiable:検証可能, Irreversible: 不可逆的, D:Denuclearization:核放棄

 

 今回の合意の焦点のひとつは、朝鮮半島の非核化のCVIDと呼ばれる4つのポイント(Complete:完全な,  Verifiable:検証可能, Irreversible: 不可逆的, D:Denuclearization:核放棄)が、どのように盛り込まれるかでした。しかし、合意文章は以下のようなものになりました。

 

www.bloomberg.co.jp

1.平和と繁栄を求める米朝国民の願いに従い、両国は新たな関係の構築にコミットする

2.米朝両国は朝鮮半島での永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共同で取り組む

3.2018年4月27日の板門店宣言をあらためて確認し、北朝鮮朝鮮半島の完全な非核化向けて努力することにコミットする

4.米国と北朝鮮は戦争捕虜(POW)と行方不明米兵(MIA)の遺骨収集にコミットする。これらには既に身元が判明した分の即時本国送還を含む

 

 なんのことはありません。北朝鮮の核放棄については、朝鮮半島の「完全な非核化に取り組む」と書かれてあるだけです。手段も、検証方法も、時期も、何も書かれていません。研究開発や関連施設の放棄の義務もかかれていません。ミサイルについては、言及もされていません。

 

 

圧倒的に北朝鮮に有利な内容

 

 一方、米国は、北朝鮮とともに「朝鮮半島の持続的で安定した平和体制の構築に共に取り組む」ことを宣言しました。北朝鮮は非核化に取り組むことを宣言しているのですから、これは一見、フェアに見えます。しかし、本当にそうでしょうか?

 

その意味は、以下のように考えてみれば、はっきりするでしょう。

 

  • 米国と北朝鮮は平和体制の構築に共に取り組む → こう書いた以上、米国も平和体制の構築に取り組む義務があり、事実上、北朝鮮を攻撃できない。
  • 北朝鮮朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む → 期限も方法も検証手段も研究開発禁止すら書かれていないので、北朝鮮としてはいろんなポーズを小出しにしながら、努力しているといえばいい。

 

 そもそも、体制存続の瀬戸際まで追い込まれていた金正恩にとっては、今回の米朝首脳会談は、平和裏に実現できただけでも大きな進歩でした。しかも、朝鮮半島非核化に関する内容は、4月の板門店での韓国の文在寅大統領との内容と大差ありません。今回、新たな譲歩は何もしていないのに等しいのです。

 にもかかわらず、北朝鮮は、「両国は新たな関係の構築にコミットする」と、国として米国と対等な関係にあることを実質的に認めさせることに成功し、同時に「米朝両国は朝鮮半島での永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共同で取り組む」とすることで、アメリカも平和体制構築に努力しなければならないことを約束させることに成功したのです。

 

北朝鮮にだまされ続けた国際社会とアメリ

 

  米朝北朝鮮の核開発問題で合意するのは、これが初めてではありません。1994年以来、今回が実に4回目です。

 

  • 1994年:北朝鮮は核開発凍結を宣言。各国からの支援も受けた。しかし、実際は開発のための時間稼ぎと援助を勝ち取るための方便に過ぎず、北朝鮮は核開発を秘密裏に進めており、経済援助を勝ち取っただけに終わった。
  • 2005年:いわゆる「6か国協議」で、北朝鮮が核開発放棄に合意。しかし、一部の施設を破壊してみせただけで、実際は悲願の核保有国への道をまい進し、援助だけもらって開発を継続。
  • 2012年:国際原子力機関IAEA)の監視団を受け入れとウラン濃縮の停止などを約束したが、実際は核保有国化の悲願にまい進して、ミサイル発射実験でウソを明かした。

 

 ちなみに、アメリカという国は、こんな北朝鮮に対して、2008年にブッシュ大統領が「テロ指定国家」から外すという寛大な措置もとっています。今にしてみれば、どれも北朝鮮にしてやられただけのことだったことは明白です。

 

 

北朝鮮はミサイルと核武装国家としての地位を捨てず、体制保障も手にし、制裁も緩められる

 

 金正恩は今まで、金日成金正日体制の悲願を受け継ぎ、核開発とミサイル開発に心血を注いできました。その完成度については様々な議論があるものの、何度も周辺国をだましながら時間を稼いで技術力とノウハウを高めてきたおかげで、北朝鮮の核開発とミサイルはかつてないレベルにまで達したことは疑う余地がありません。こんな、多大な労力をつぎ込んでをこのように核開発とミサイル開発に注力してきた人物が、いまさら、苦労を重ねて手にした核とミサイルを簡単に手放すでしょうか?

 また、金正恩は兄の金正男を暗殺したり、側近を粛清してきた過去があり、けして人のいいボンボンではありません。三男でありながら、父親の金正日独裁国家の後継者として見込んで指名した人物です。

 むしろ、今までの北朝鮮の交渉スタイルを受けつぎ、少しだけその気があるようなフリを小出しにして周辺国をだましながら、体制保障を勝ち取り、経済制裁も緩和させることが狙いだと考えるのが妥当でしょう。

 それにしても、あれだけ大騒ぎして、トランプ大統領は一体何をやりたかったのでしょう?北朝鮮にしてやられただけにしか見えません。感情を振りかざすことしかできないバカで間抜けぶりを存分に発揮したと思います。